香川県丸亀市のうどん巡り:「手打ちうどん 彦江」と「喉ごしと弾力の麺 上田うどん」

スポンサーリンク

こんにちは、むーむーです。

私の小旅行のお話をしたいと思います。

それは、香川県丸亀市のうどん屋さん巡りです。

この日の目的は、2つの異なるうどん屋さんでランチを楽しむことでした。

まず最初に訪れたのは、「手打ちうどん彦江」さん。2023.7.14

ここでは、「肉ぶっかけうどん(冷)」を注文しました。

彦江さんのうどんは、その名の通り手打ちで、麺のコシが強く噛むたびに小麦の風味が口いっぱいに広がりそして、肉ぶっかけのトッピング。

甘辛い煮込んだ肉が、冷たいうどんと絶妙にマッチしていて、一口食べるとその美味しさに驚きました。

そして、次に向かったのは、「喉ごしと弾力の麺」上田うどんさん。2023.7.14

ここでは、「温玉のり明太ぶっかけうどん(冷)」を選びました。

上田うどんさんの麺は、弾力があり喉ごしも抜群。

そして、その上に乗せられた温玉と明太子の組み合わせが、うどんと一緒に口の中で広がると、これまでにない味わいが広がります。

温玉のとろりとした食感と明太子、冷たいうどんと一緒になってまさに絶品でした。

この日のうどん巡りは、それぞれ異なる特徴を持つ2つのうどん屋さんを訪れることができ、とても楽しかったです。

香川県丸亀市に訪れた際は、ぜひ「手打ちうどん彦江」さんと「上田うどん」さんを訪れてみてください。

その美味しさと、それぞれのお店の個性を感じることができること間違いなしです。

次回もまた、新たな美味しいお店を探しに行く予定です。その時のレポートもお楽しみに!

※この記事に記載されている情報は、むーむーが訪問した際のものです。最新の情報とは異なる場合がありますので、ご了承ください。最新の情報は、各店舗に直接お問い合わせいただくようお願いいたします。

目次

ちょこっとマメ知識!

香川県や岡山県で人気のあるぶっかけうどんは、そのシンプルさと深い味わいで多くの人々を魅了しています。
この記事では、ぶっかけうどんの起源、特徴、そしてその人気の秘密について探ります。

ぶっかけうどんは、うどんを使った料理の一種で、岡山県と香川県の名物料理の一つです。

この料理は、麺に直接、濃い目のつゆを「ぶっかけ」て供されます。

冷たいうどんと温かいうどんがあり、どちらも上から濃い目のつゆをかける点が共通しています。

岡山県倉敷市と香川県のぶっかけうどんはそれぞれ異なる特徴を持っています。

倉敷のぶっかけうどんは、他地域のものより味が濃く、特に甘味が強いのが特徴です。

また、冷たいものにはおろし山葵が基本的に使用されます。

香川県ではうどんの出来が何よりも優先され、麺を直接味わえるぶっかけうどんは非常に人気が高いです。

薬味として大根おろしや生姜、ネギ、レモンが使われることが多く、具は店によって様々です。

ぶっかけうどんは、そのシンプルさと深い味わいで多くの人々を魅了しています。

その起源や特徴を知ることで、この料理をより深く理解し、楽しむことができます。

引用元:Wikipedia

この記事は、Wikipediaの情報を基に作成しています。詳細な情報や最新の更新については、引用元のリンクをご覧ください。

CATEGORY

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次